朝ごはんの重要性

こんにちはWEB担当のヒロです。

メガバンクの会員情報誌に

「最新のスポーツ栄養学でわかった、朝食の重要性」※
朝食を抜く生活習慣は、老若男女問わず心身に悪い影響を与える。
文部科学省が実施した学力調査では、日常的に朝食を食べている子供の方が、
朝食を抜いている子供より正答率が高いというデータが出ている。とか。
また、オリンピアンを含むアスリートたちは、栄養の知識に疎い人もたくさんいるが
それでも彼らに共通していたのは、朝食を食べる習慣があったということ。
「強いから食べている」のではなく、「食べているから強い」のです。
TOP Column--partner April-May2018 身になるスポ話 より抜粋

ということが書かれていました。

私はアスリートでもなんでもない普通のヒトですが、考えてみたら小学生の頃から
朝ごはんは欠かさず食べていました。(正答率が高かったかは定かではありませんが。)

バスの時間に間に合わない!と、トーストをくわえながら猛ダッシュ。

社会人になり一人暮らしの生活が始まりましたが、おかずは少なくても朝食は摂っていました。ただ、本当に一年に1、2回朝食が食べられない(多分、寝坊か飲みすぎか?)時があり、そういう時はとにかく体調が悪くて「病気かな?病気カモ?」と、よくよく考えると「ああ、朝ごはん食べてないんだ」ということに気が付くんですよね。
と、話は長くなりましたが。そんなところで、このラブリーテフフレークってすごく手軽でいいんです。私のお会いしたアスリート達は、温かいご飯にテフフレーク(炭水化物+炭水化物)振りかけているんですって!

ご飯にご飯?みたいですけど、テフは精白米に比べて16倍も食物繊維が多いし、カルシウムも36倍。亜鉛も鉄も多く含んでいる優れもの。お米と同じイネ科の食物のくせにタンパク質も多いんです。

アスリートじゃない普通のヒトの私は、テフフレークを食べる時は納豆に混ぜて、その分、白米の量をちょっぴり調整したりして。見た目は質素だけど、中身はゴージャスな朝食を楽しんでいます。


朝ご飯を抜いている方がいらっしゃいましたら、是非、テフフレークで朝食習慣を!お勧めします。コンビニに売っているフリーズドライのスープに入れたりして、簡単、手軽だけどリッチな朝食を始めませんか?

手軽にエネルギー補給! テフ入りごはんのレシピはコチラ!
プチプチとした食感のテフグレインはコチラ!
下ごしらえなしでそのまま食べられるテフフレークはコチラ!