2018年箱根駅伝 東洋大学が往路優勝!

  • 2018年01月05日
  • news

ラブリーテフはアスリートをサポートします!

1月2日・3日に開催された「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走」(箱根駅伝2018)で東洋大学陸上競技部が5時間28分29秒で往路優勝を飾りました。
おめでとうございます!!

総合でも東洋大学が2位、東海大学が5位と好成績を収めました。また、拓殖大学もエチオピア出身のワクナー・デレク選手の8人抜きの活躍などで総合8位と来年のシード権を獲得しました。

これらの大学では、ラブリーテフフレークを毎日の食事に取り入れてくださっています。

ラブリーテフは、帝塚山学院大学との共同研究で様々な機能性を確認しています。

<善玉菌 増殖促進作用>
テフには、無添加と比べて乳酸菌(善玉菌)の増加効果が確認されました

<テフの貧血改善作用>

モデル動物を使って、鉄が不足したエサを一定期間与えたときのヘマトクリット値という貧血評価項目を調べました。

その後、鉄剤が配合された食餌、またはブラウンテフを配合した食餌を与えたグループで、ヘマトクリット値がどのように変化するのか調べました。

ラブリーテフは、これからもスポーツ界のアスリートそしてスポーツを愛する皆様を応援していきます。