Recipes

南雲先生もご推薦のインジェラ!

パウダー

インジェラ

インジェラとは…
インジェラはテフを粉にして水と混ぜて発酵させ、クレープのように薄く焼いたパンのことで、エチオピアの伝統的な主食です。インジェラの上に豆、牛肉、山羊肉、鶏肉、魚、野菜などを材料にしたワットと呼ばれるシチューを何種類か盛り、数人で楽しむのが伝統的な食べ方。
焼き上げる際の発酵具合と生地の表面にできる穴がポイント。小さな穴が無数にあいているのが良いインジェラだそうです。
良く発酵させると、独特の強い酸味を伴うインジェラになります。発酵にかけた時間が短ければ芳しい香りがする甘い生地に仕上がり、逆に発酵にかける時間が長いと酸味が強くなります。
 
材料(2人分)

  • テフパウダー 100g
  • 乳酸菌3g
  • 水300cc
  • 卵1個
  • 塩少々

作り方

  • 1.

    500ccのペットボトルの水を300ccまで減らし、じょうごでテフパウダー100gと乳酸菌3gを入れ蓋をしてよく振る。

  • 2.

    寒い時期には発酵しないので市販のヨーグルトメーカーに1の材料を入れ 、37度で12時間発酵させる。

  • 3.

    24時間後に上澄みを少量味見し、酸味を感じたら発酵完了。

  • 4.

    3の材料をボールに入れ卵1個と塩少々を入れよく混ぜる。(ハンドミキサーがあればなおよい)

  • 5.

    うすく油を引いた熱したフライパンに入れ蓋をする。湯気が立ったらフタを空けひっくり返して裏面も焼けばできあがり。

Memo

テフをインジェラにすると1ccのなかに1兆個の「菌体成分」が含まれる発酵食品になります。

 

インジェラの効能

  • 抗酸化作用
  • 抗菌作用
  • プロバイオティクス…腸内細菌バランスをととのえて、ヒトのからだに良い働きを してくれる生きた微生物のこと
  • プレバイオティクス…プロバイオティクスの働きを助ける成分のこと

レシピをシェアする

facebook
ツイートする
Lineで送る