八千代工業株式会社 陸上競技部xラブリーテフのコラボレーション

ラブリーテフが、活躍が期待される八千代工業株式会社の陸上競技部とコラボレーションしました!

八千代工業株式会社 陸上競技部のチームプロフィール
八千代工業株式会社 陸上競技部は「駅伝」「マラソン」「個人種目」において、日本トップレベルのチームを目指しておられます。そして選手の方々は、『目的』を持つ競技者、また一人の人間として若者たちや従業員のロールモデル(手本)となれる人間形成を目標としています。さらに競技を通じて地域スポーツなどの社会貢献にも積極的に取り組む、すばらしいチームです。

八千代工業株式会社 陸上競技部にはアフリカ、ヨーロッパで活躍していたブリハヌ・アビヨット・アビネット選手とアレヘン・イェネブロ・ビヤゼン選手の2名の有力なエチオピア選手が所属しております。
八千代工業陸上競技部はこちら

エチオピアはマラソン王国と言われるほど昔からマラソンの強豪国です。古くはローマオリンピック、東京オリンピックで2連覇したアベベ・ビキラ選手を初め、皇帝ハイレ・ゲブラシエ、ケネニサ・ベケレ選手といったスーパーアスリートを輩出しています。
そしてエチオピアの長距離ランナーたちは、彼らのエネルギーと健康はテフによるものと信じてきたと言われています。テフはエチオピア原産のイネ科の穀物で、鉄分、亜鉛、カルシウムなどのミネラルを豊富に含み、更にビタミン、食物繊維も豊富です。また、エチオピア人の摂取しているタンパク質の2/3をテフで賄っていると言われるほど高タンパク質を有しています。
テフには、アスリートにとって必要な栄養素が豊富に含まれています。普段の食事からテフを摂取することで日々のコンディションを整えることができ、パフォーマンス向上につながります。

コーチ・選手にインタビュー

八千代工業陸上競技部の田村博史コーチは、チーム愛に溢れる情熱的な方で、ご自身でエチオピアまで行って有望な選手を発掘し、招き入れます。 田村コーチにエチオピア人について聞いてみました。
田村氏:「エチオピア人はシャイな民族です。それ故、親しくなった相手を大切にするため、自然に'友達の輪'が拡がり、皆が友達になり、笑顔が街中にあふれています。大皿を皆で分け合う食事スタイルもそうですが、テフも、神様がくれたものとして誰もが大切にしています。」

テフとインジェラについて、ブリハヌ・アビヨット・アビネット選手に、エチオピアレストラン「サファリ」でインジェラを食べながらインタビューしました。ちなみに同選手は、今年の実業団ハーフマラソンで優勝した実績を持つ屈指のスピードランナーです。

アビヨット選手にとって、インジェラは毎日に欠かせない大事な食べ物です。エチオピアでは毎日3食インジェラを食べています。茶色いテフには鉄分がより多く含まれているとエチオピア人は信じているそうです。 インジェラは発酵させているため、日本人の私たちにはちょっと独特な匂いがしますが、味は酸味があって美味しいです。 アビヨット選手によると、「日本の納豆は好きだけど匂いが臭い!」と、私たちがインジェラに感じることと同じことを言っていました。
アビヨット選手が召し上がっていた「インジェラ」は、エチオピアで主食とされています。エチオピアでは、テフを粉末にして発酵させて焼いたクレープのようなこの「インジェラ」にして、朝昼夜はもちろん、三食以外にも間食として毎日のように食べられています。
インジェラを詳しく知りたい方はこちら!

 

現在、上記の中で八千代工業陸上競技部の選手、スタッフの皆様には、テフフレークを食べていただいています。田村コーチからは、エチオピアの選手ばかりでなく、選手全員が気に入って喜んで食べていると伺っています。また、貧血に悩むランナーが多い中、鉄分の豊富なテフを食べることで改善することを期待したいとおっしゃっていました。
「これからは、女子の陸上チームや大学の駅伝チームにも紹介していきたい」とありがたいお話をいただいています。

陸上競技部以外にも、今人気のトレイルラン業界でも取り入れる動きが出ています。 テフは低GI食品のため血糖値の上昇が緩やかにおこなわれますので、レース中に血糖値が下がることでおこる糖切れの症状が起きにくくなります。 このように多くの栄養素、ミネラル、食物繊維等が豊富に含まれているテフは、多くのスポーツ界のアスリートに有用な食品です。
アスリート以外にもスポーツを愛する皆様全員にぜひ「ラブリーテフ」をお試しいただき、パフォーマンス向上と日々のコンディショニングにつなげていただければ嬉しいです。

ラブリーテフシリーズ

ラブリーテフ フレーク
詳細はコチラ!
ラブリーテフ パウダー
詳細はコチラ!
ラブリーテフ グレイン
詳細はコチラ!